妻の保険|共働き

共働き家庭でママが働けなくなったら?

職場のお友だちが体調を崩して、しばらく入院していたことがあります。

 

共働きママとしてよく相談させてもらっていた彼女。同じように家計は彼女の収入も当てにされていました。
そんな彼女から、「パパが入院するより、ママが入院するほうがグッとお金がかかるわよ」とのアドバイス。

 

 

ママの入院は大変

 

 

子どもとパパの食事のこと。ママの入院グッズの準備。今の保険で大丈夫??

 

共働きママが入院するとパパが入院するよりお金がかかります

 

ママの突然の入院、もちろん仕事のことも心配。
でも、それ以上になんでもママが中心にまわっている家族のことが心配。

 

ごはんのこと、子どもの学校の準備、それからパパのワイシャツのアイロンかけ・・・

 

気になることはたくさん。

 

 

ママがいなくてスムーズに行かない日常生活の他に、入院中のママのお世話。
入院しているママもみんなが気になって気が気じゃないけれど、パパだってかなりストレスを抱えると思います。

 

疲れて帰ってきてからの慣れないごはんの支度。普段ママがやってくれているワイシャツのアイロンがけ。それに加えて、入院中のママの着替えの洗濯やお見舞い。

 

パパが入院したときには、ママの仕事はあまり増えないけれど、ママが入院してしまうとパパの負担は2倍にも3倍にも

 

そんな負担を軽くしてくれるのはやっぱりお金。だからこそ、パパの入院保険よりもママの入院保険は多めにかけておくべきです。

 

小さい子を持つパートママも同じこと。パートママの場合、放課後に子どもを預かってもらう必要が出てくる可能性大。子どもが小さいときの医療保険は少し多めに、大きくなったら減額もありだと思います。

 

 

 

 

小さい子を持つパートママも気をつけて!

 

パートママの場合、放課後に子どもを預かってもらう必要が出てくる可能性大。子どもが小さいときの医療保険は少し多めに、大きくなったら減額もありだと思います。


 

 

 

失敗しない医療保険の選び方

 

みなさんはどんな保険に入っていますか?

 

お友達のおつきあい?会社に来たセールスレディから?ネットで調べた格安保険???

 

保険に詳しいならそれもありだと思います。

 

 

でも、わたしたち共働きママは自分で比較する時間もないまま言われた保険に加入していることがほとんどではないですか?

 

実はわたしもそうだったので。(おつきあいで入っていた某大手保険会社の保険に入っていました)

 

そんなわたしも、出産を機に保険を見直したんです。そのとき利用したのが、独立系と言われている色々な保険会社を取り扱う保険代理店さん。

 

 

色々な保険会社を取り扱う代理店さんで加入するメリット

 

色々な保険会社を扱っている代理店さんを利用すると様々なメリットがあります。

 

  • 取扱い各社ぜんぶ比較して、一番良いと思われる商品を勧めてくれる
  • 新しくて条件のよい商品が発売された時や、家を建てたなど条件が変わった時など最適な提案してくれる
  • 何かあったとき(事故や検査入院など)に、うちで加入してる保険で適用されるのはある?と聞けばOK
  • 手続きなども代理店さん1ヶ所にお任せ

 

ひとつの保険会社を取り扱う代理店さんを利用するデメリット

 

  • 他社の方がよい商品でも勧めてこない
  • 学資、医療、がん保険など違う会社で契約すると全て自分で把握する必要あり
  • いい商品がでても情報が偏っている
  • 2年ぐらいで似たような商品への乗り換えを提案してくる

 

大手保険会社さんと独立系保険代理店さんのどちらにする?

 

もし、とても信用している保険会社さん、例えば日本生命(ニッセイ)さんや住友生命(スミセイ)さんなどの大手保険会社さんがある方は全て任せてしまうのも手ですね。

 

怪我や検査入院など、保険が降りるのか、どの保険が適用されるのか自分でひとつずつ調べなくても全て保険会社さんが把握してくれています。

 

ただ、それぞれの保険会社さんに強みがあるのも事実。自分たちの補填して欲しい内容も様々。保険料や内容で、医療保険、学資保険、終身保険と細かく分けてそれぞれ違う会社の保険に加入したいこともあります。

 

そういうときに、色々な保険会社さんの営業レディさんにお願いしていると、自分で全ての保険を把握していないと請求漏れが起きてしまいます。もちろん、掛け金も割高になることが多いですよね。

 

 

わたしはそれぞれの保険を色々な保険会社からチョイスして自分たちに一番合ったものを選びたかったので、まとめて独立系の保険代理店さんにおねがいしました。

 

 

ひとつの保険会社さんで扱っている商品で全て加入するか、ひとつの保険代理店さんに色々な保険会社からおすすめのものを選んでもらって管理を代理店さんに任せるかの違いですね。(わたしは相談したら、今のままの方がいいと言われて以前ニッセイさんに加入した保険はそのままなのでわたしが管理しているものが1つあります。)

 

独立系の代理店さんは、商品の違いや生活プランなどについてもじっくりと話してくれるので1時間~の時間の余裕を持って予約しておくといいです。まずは保険の勧誘というより、商品の違いや保険の種類の説明という感じですね。疑問に思ったことは全部質問できるので、すごくスッキリ納得して保険を選ぶことができましたよ。
ほとんどの独立系代理店さんは予約制になっています。

 

 

独立系代理店さんの一覧

 

全国にある大手の独立系代理店さんの一覧です。

 

今かけている保険も合わせて相談にのってくれます。いくつかの代理店さんにネットで申し込んで、やりとりが親切なところ、反応が早いところなどがおすすめです。

  • 保険マンモス http://www.hoken-mammoth.jp
  • 大手独立系代理店。テレビでも紹介。書籍なども出ています。お客様満足度95%以上

     

  • 保険の優等生 http://hoken-yutosei.com
  • 相談場所を指定できます。赤ちゃんや小さい子がいるときは自宅だと安心

     

  • あなたのFP http://www.fp-guidance.jp
  • 近所のFP(ファイナンシャルプランナー)さんを紹介してくれるサービス。
    FPさんが家のローンや教育費などの家計プランを元に、それぞれに合う保険をチョイスしてくれます。

 

わたしたち共働き家庭では、妻の私たちが家事や家計に大きな割合をしめていますよね。

 

保険に入る入らないに関係なく、妻が入院したり死亡したあとの、治療や生活、教育にかかる費用だけでなく、目に見えない負担増を書き出してみるのがおすすめ。
長期入院なら、夫は家事全部、子育て全部、それから入院中の身の回りの世話など大きな負担がのしかかるのに、わたしの収入減という最悪のパターン。せめて、子供が小さいうちは、家事や子供の習い事の送迎など、できる部分は外注に頼れるように・・・など、保険で補いたい金額が見えてきます。

 

それと同時に、わたしってがんばってるー!って自分を褒めてあげたくなりますよ!(笑)

 

 

おすすめ保険代理店さんのページへ

 

我が家の加入保険について

ちなみに我が家(妻)の加入保険について

 

我が家では妻のわたしの方が少し多めの保険に入っています。

 

これは、医療保険(入院保険)だけでなく、死亡したときを保障してくれる家計保障の保険も同じ(定期保険には入っていません)。

 

パパとわたしが同じ金額で加入しているのは、お葬式代の終身保険とがん保険になります。

 

同じカテゴリーのページ

生活費の分担
共働きママたちはどんな感じで家計や生活費を分担してるのか。みんなのスタイルを探ってみました。